白髪に効果のある食べ物ってある?

白髪に効果のある食べ物には何がある?本当に効果はあるか?

白髪になるにはいくつかの原因が挙げられます。
ストレスや遺伝、老化など人によって異なる原因ですが共通点があります。それは何らかの原因によってメラニン色素が十分に作られなくなることです。
髪の色は黒かったり茶色かったり人によって違いますが、この色はメラニン色素の配合量によって決まっているため、メラニン色素が足らなければ白髪になってしまいます。

このメラニン色素を作りだす細胞がメラノサイトですが、メラノサイト一つでメラニン色素が作られるわけではなく、色んな栄養素が必要となります。
まず、メラノサイトを活性化してくれるのがヨードです。
ヨードは昆布やヒジキといった海藻類に多く含まれています。ヨードは細胞の成長や代謝を促進する効果があるため、髪の毛を健康な状態に保ちメラノサイトの働きを活性化してくれるのです。

このヨードを多く含む食べ物は、昆布やヒジキ、のり、わかめといった海藻類の他にイワシやカツオ、ブリといった魚介類も挙げられます。
そしてメラノサイトがいくら働こうとも、メラニン色素の原料となるチロシンがなければ髪の毛に色を付けることができません。このチロシンは抗ストレス作用もあるため、白髪予防にもなります。

白髪に効果のある食べ物ってある?

チロシンを多く含む食べ物は、脱脂粉乳やチーズといった乳製品、バナナやアボカド、リンゴといった果物、カツオやマグロやチリメンジャコといった魚介類、大豆ナッツ類などが挙げられます。
そしてメラノサイトがメラニン色素を作る際にチロシナーゼという酵素が必ず必要ですが、このチロシナーゼの合成にかかすことが出来ないのが銅です。

体内で作り出すことができないミネラルなので、食事を通じて摂取する必要がありますし、チロシンと一緒に摂取すると相乗効果が得られます。
銅が多く含まれている食べ物は、大豆や納豆やカシューナッツといった豆類、ごぼうやニンニクやパセリといった野菜類などです。

また、蕎麦やさつまいもや玄米といった穀物類、ホタルイカやエビやカニといった魚介類、アンズやプルーンといった果物類などが挙げられます。
以上のことを意識して、食べ物を摂取すると白髪を予防することができたり、改善することが出来たりします。また、血流を良くするのも効果的なので、できるだけ身体を温めてくれる食べ物を摂取すると白髪対策になります。
ただし、いくら血流が良くなるからといって、トウガラシなど刺激物の多いものはかえって頭皮によくなかったりするので注意が必要です。